ホーム

コッカースパニエル、ビーグル、ブルドッグ、によくみられる疾患。
腺と瞬膜軟骨の接合が弱いことによって生じる。
治療として腺を外科的に切除することは、ドライアイ症候群を起こしやすくなるので避けるべきである。腺組織を正常な位置に戻す外科的手技が有効である。