ホーム

水晶体またはその嚢の混濁を示します。犬において頻度が高く、混濁の出現場所や時期などが、病気の進行や分類に重要になります。

眼が白いですが白内障ですか?

眼は水晶体以外にも角膜、房水あるいは硝子体のような透明な構造物が存在します。よってそれらの混濁と常に鑑別が必要です。また、加齢に伴い水晶体の中心部の加圧によって起こる核硬化症が、しばしば白内障と間違えられることがあります。

白内障の原因は?

白内障にはいくつかの原因があります。先天性によるもの、外傷によるもの、老齢によるもの、汎進行性網膜萎縮やブドウ膜炎など他の眼疾患から発症したもの、糖尿病など糖の代謝経路の飽和によるもの、中毒性・食餌性によるものなど様々な原因が考えられます。

白内障はいつから出ますか?

白内障の原因によって異なります。遺伝性白内障をもつ犬種では出生時に発症していることさえあります。一般に6歳齢までに発症するもの(若齢白内障)では遺伝性の原因が最も多いといわれています。

遺伝性白内障はどんな犬種にみられますか?

遺伝性白内障またはそれが疑われる白内障は多くの犬種で認められています。一例としてアフガン・ハウンド、ボストンテリア、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・シュナウザー、スタンダード・プードル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどが確認されています。

白内障はそのままにしても平気ですか?

白内障は単に水晶体が濁って視野が奪われるだけの病気ではありません。水晶体蛋白が液化を起こし始めると水晶体嚢から漏れ出します。これらの蛋白質は免疫系に異物と認識され炎症を引き起こします。その結果ブドウ膜炎や虹彩癒着、続発性緑内障、硝子体変性、網膜剥離などを引き起こすことがあります。また、それらの症状は一般に若年の個体のほうが進行は早く、より強い症状を示します。

治療法は?


現在のところ唯一の治療法は外科的除去です。
いくつか点眼薬などがありますが白内障を緩解することはできません。手術は手術顕微鏡を用い角膜あるいは強膜を切開し眼内にアプローチします。水晶体前嚢に穴をあけ、そこから超音波吸引針を用いて、混濁した水晶体を乳化・吸引します。


どの子も手術できますか?


手術における理想的な白内障の段階は未熟段階といわれています。しかしながら実際にはある程度進行した段階で飼い主さんが気づいたり、他院から紹介されたりするケースが多いです。また、他の疾患も併発しているケースも多いです。よって手術前に手術できるか?手術しても視覚はあるのか?検査や治療などしてからの判断になります。 一般に虹彩後癒着や隅角異常による緑内障などが認められた場合、手術は禁忌になります。 また、手術の前後は処置が必要になるため、ケージトレーニングできない子や自宅での投薬・点眼ができない子も手術は難しくなります。

どんな検査をしますか?

症例によって異なりますが、細隙灯検査、眼圧検査、隅角鏡検査、シルマー涙試験は必要になります。また、眼底が確認できない場合や視覚試験に異常が認められる場合はエコー検査や網膜電位図検査が必要になる場合があります。

細隙灯顕微鏡、眼底カメラ、眼内超音波検査、眼圧測定器、網膜電位図(ERG)


スリットライト

眼圧測定器

PanOptic(眼圧鏡)

網膜電位図