お知らせ

ホーム

(公社)横浜市獣医師会による
平成29年度 飼い猫の不妊去勢手術補助事業

趣旨と目的
平成29年度より「横浜市猫の不妊去勢手術推進事業」は飼い主のいない猫に特化した事業に転換され、飼い猫に実施する不妊去勢手術は補助対象外となりました。そこで(公社)横浜市獣医師会は助成対象外となった飼い猫に対して不妊去勢手術を実施する市民に対し、その手術料金の一部補助を通じて、動物福祉と適切な飼育管理を啓発する事を目的とした事業を、平成29年度から平成31年度の3ヵ年計画で実施することにいたしました。

事業内容の詳細と手術補助金申請書については下のPDFファイルをご確認下さい。


ファイルイメージ


心臓病の初期では、飼い主さんはほとんど気付きません。
症状が出始めるのは、心臓病が始まってからのこともありますが、ほとんどが進行した状態です。
後天性の(生まれつきではない)心臓病は、毎年のワクチン接種や狂犬病の予防接種、フィラリアの予防開始時に、病院で見つかることがあります。
去年の予防接種時にはまったく聞こえなかった心雑音が、今年から急に聞こえ始めることも少なくありません。
なぜなら、動物の1年は人でいえば4年に相当するからです。
1年に1度しか病院に行かない犬や猫は、4年間も病院に行かないのと同じことになります。
心臓病は進行性の病気です。
心雑音を指摘された場合には、定期的に検査を受けましょう。
定期検査の内容は、身体検査、血液検査、血圧測定、レントゲン検査、心電図検査、心エコー検査などです。
もうすでに症状があり、病院で診断され治療に入っている場合でも、定期的に病院で検査を受けるようにしましょう。



診療日

日祝
午前
午後 - -

年末年始を除く

診療時間

午前 09:00~11:30
午後 15:00~18:30

水曜午後と日曜祝日午後は、手術・検査時間となります。 ※急患の患者さんの場合はお電話にてご連絡ください。

診療スケジュール詳細

院長のスケジュール

水曜午後・日曜祝日午後は院長の公休日となります。

院長スケジュール詳細

セミナー