ホーム

健康な時の基礎になる血液データは、将来、あなたの鳥の病気を診断する時、また早期の病気発見のためにも大切なものとなります。
状態の悪い鳥、貧血の鳥を除いて、右の頚静脈から採血し、安全な採血量は体重1%です。


COMPLETE、BLOOD、COUNT(CBC)


貧血、クラミジア感染、アスペルギルス
感染などの感染症

血清化学の血液検査

腎臓機能、肝臓異常、膵臓疾患