ホーム

涙が目から溢れ出す状態を流涙、あるいは涙目と言います。または流涙症とも言います。流涙が慢性的に続くと、溢れ出た涙によって皮膚の炎症、感染、臭いが発生します。また、溢れ出た涙液中に含まれているポルフィリンと呼ばれる物質が日光にあたると赤褐色の色素になります。この赤褐色色素が、白い毛皮のペットでは被毛を褐色に染める涙やけの原因になり、特に美容的な問題になります

原因


流涙症(過度の涙)には
①涙の過剰な分泌によるものと②異常な涙液の排出によるものとがあります。
前者は、被毛、まつげ、異物、薬物などが目の表面を機械的に刺激することで
あるいは結膜嚢内に塵埃や植物の破片などが存在することで流涙が生じます。
また結膜炎、角膜炎や緑内障などの炎症や疼痛によって流涙になる場合もあります。
これに対して、後者は、涙の排出路(図1)に炎症産物や異物等で涙管が目詰まりとなったり
あるいは先天的に鼻涙管の解剖異常が発生していたりして、涙液が鼻腔へ排出されず流涙になるものです。
また後者は、目の周囲の被毛が眼表面に接触して、あるいは目頭や瞼(まぶた)の解剖的構造異常で眼瞼縁より、涙が眼瞼外に溢れ流れてしまう流涙もあります。


診断


まず、涙の分泌を増加させる原因があるかどうかを調べます。また涙液量の評価も行います。また、涙液が鼻腔に排出されるかどうかを調べます。生まれながらにして流涙症のなりやすい品種であるかも診断に考慮します。流涙症になりやすい犬種には、コッカースパニエル、シーズー、シェルティー、シャーペイ、スタンダードプードル、ダックスフント、チャウチャウ、トイプードル、パグ、ビションフリーゼ、ブルドッグ、ペキニーズ、マスチフ、ラサアプソ、ラブラドールレトリバーがあげられます。

治療



流涙の原因を取り除くことがおもな治療です。その上で
①涙の排出路を洗浄すること
②涙点及び涙小管を拡張すること
③眼瞼及び涙点の外科的処置、のいずれか、
もしくは組み合わせた処置が行われます。
また、流涙症は、他の眼病に誘発されて発症している場合も珍しくはありません。
流涙症は単なる涙やけとはとらえず、適切な診察を受けることが治療の第一歩と言えるでしょう。