ホーム

ウサギは 草を一日中はんでいる動物です。
野草をはむ野生のウサギでは歯科の問題はめったに発生しません。
また 歯が速く成長するウサギではカルシウムが多く必要でビタミンD3の生成のために日光が必要です。家庭で飼育されているウサギは軟らかい餌ペレットを好んで飼育され、噛むことが少ないことが原因のひとつでとされています。
その他先天性のもの遺伝や素質をもっている場合もあります。


症状


食欲不振 糞が少なくなる 涙がでるなどで、多くは臼歯の問題です。

治療

食餌の変更 軟らかい食餌 ペレットを少なくする Hayを自由菜食させる。
臼歯を削る(臼歯研磨)  定期的に研磨しなければならないこともあります。

病気の進行と予防

症状を疑ったら早めに診察を受けて下さい


ウサギの歯は、高繊維の植物性食物用に発達してます。
咀嘔運動では、顎を側方向に1分間最高120回動かしており、これは伸びつづけます。
歯の磨耗にも役立っているのです。