ホーム

これらの状態は大変痛みを伴い、治療されないと歯髄は感染して壊死を 起こします。痛みは、歯髄がいったん完全に壊死し、膿汁もでてくるとやみます。しかし根尖膿瘍になるとすぐ戻り病状は進行した状態になります。
歯科レントゲンは、病変のある歯を特定して障害の程度を発見して、歯根尖周囲の疾病を評価するのに必要です。
動物は痛みをみせにくいので、気が付かないことがあります。
次のような症状があったら診察を受けて下さい。


歯科ユニット

  • 顔面の膨張や膿うみがでている
  • 歯からの出血
  • 歯の変色: 灰色に紫色にする ピンクは歯髄病変を示します
  • 歯冠の上の黒点
  • 口を開けるのをいやがる
  • 強く噛むことやもってこいを嫌う(作業犬で特に著しい)
  • 棒やものをくわえることや運ぶことをしなくなる
  • 遊びに興味を失う
  • 固い食物を避ける
  • 食べにくい様子
  • 片方だけで咀嚼している
  • 過度の唾液分泌
  • 顎をガチガチさせる
  • 絶え間なく舌を動かし舐める
  • だるそう
  • 不妊症と攻撃性がでる

病気の進行と予防

症状を疑ったら早めに診察を受けて下さい。